介護職員初任者研修で介護士としての基礎を習得する

介護職員初任者研修はこれから介護士として第一歩を踏み出そうとする人のための資格です。

資格の取得と聞くと給料アップやキャリアアップのために必要といったイメージがありますが、介護職員初任者研修に関してはそれだけではありません。

介護職員初任者研修で介護士としての基礎を習得するもちろんパートであれば時給が数百円アップしたり、正社員であれば採用時に大きな武器となります。

しかし、それ以上に介護職員初任者研修を取得することによって介護士としての心構えや現場で最低限通用するスキルが身につきます。

その証拠として、現段階で介護職員初任者研修すら持っていないという介護士はほとんどいません。なぜなら何も知らないまま介護業界に飛び込んでしまったからです。

話は多少それますが、就業開始1年以内に辞めてしまう介護士で最も多い退職理由は「こんなにキツいとは思わなかった」といった理由です。

インターネットやテレビなどの情報で、介護職は「キツい」「汚い」「給料が安い」の3Kだということは知っているはずなのにです。

こうした人の多くは「知識」だけに頼っている傾向が強く感じます。ですが、介護職で最も必要とされるのは「覚悟」です。その覚悟は、インターネットやテレビからでは学べません。実際に現場で働くか、プロに習うしかないのです。

つまり介護職員初任者研修は、その「覚悟」を学ぶための大切な機会とも言えるのです。

介護士は専門職ですが、仕事内容はさほど難しものではありません。むしろ、中卒の若者から、還暦を過ぎた中高年の方でもこなせる仕事です。その中でもちゃんとした「覚悟」を持っている介護士だけが、先へ進めるのです。

もし、これから介護士を目指すという方がおられましたら、ぜひ一度介護職員初任者研修の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修の講習を受けるには学校に通う必要がありますが、学校は全国で数千ヵ所以上あり、平日コースから夜間コースなど種類もさまざまです。

資格取得を目指す人の中には働きながら学校に通う事になるとい方もいるかと思いますので、無理なく受講できるよう自分のライフスタイルに合った学校、コース選びをオススメします。

介護職員初任者研修に関する詳しい情報はこちら

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
介護事務
介護コラム