介護福祉士とは?

介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ国家資格の三大福祉士とも言われており、介護職で唯一の国家資格でもあります。高齢化社会が急激に加速した今の日本では価値のある資格として、今後もますます資格取得者の需要が拡大することが予想されています。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

介護福祉士を取得してから介護士の給料が上がる

「介護士の給料は低い」という声をよく耳にしますが、介護福祉士を持っていない介護士が正社員として何年働いたといても、おそらく満足のいく給料をもらうことはできないでしょう。介護業界では資格がものを言います。

介護福祉士資格のありなしの給料の比較求人によっては介護福祉士を持っていない介護士を「介護スタッフ」と呼び、介護福祉士を持っている介護士を「介護福祉士」と呼びます。これは同じ介護士での職業が違うと判断する施設があるほど、任せられる業務も大きく異なるという証でもあります。そして給料にも差が出てきます。

介護職員初任者研修を取得することが介護士になるための大前提であれば、介護士としてキャリアアップをめざなら介護福祉士の取得が必要になります。介護職で高収入と安定したポジションを目指すのであれば、国家資格の介護福祉士は絶対に取得しておきたい資格です。

介護福祉士は上級資格

介護士に関する資格をランクにして表すのであれば、介護職員初任者研修が初級、実務者研修が中級、介護福祉士が上級といった位置関係となります。

当然ですが、資格のランクが上がるにつれハードルが高くなり、取得にかかる時間やお金も増えることでしょう。ですが、それに見合った給料であったり、役職も十分に期待できます。

また、近いうちに認定介護福祉士という新しい資格も新設されることが決まりました。認定介護福祉士とは、介護福祉士のさらに上にあたる資格で、現場で働く介護士の仲では最上級資格となります。

認定介護福祉士になるには介護福祉士を取得していることが大前提で、かつ実務経験が7~8年、現場でのリーダー実績、在宅介護と施設介護の両方の経験など、それなりにハードルも高くなっています。

認定介護福祉士ですが、噂によれば認定介護福祉士は公務員と同等の扱いになり、給料やボーナスも破格になるとも言われています。

認定介護福祉士になれれば相当な高待遇が約束されることは間違いないので、早めの段階で介護福祉士を取得しておいたほうがいいかもしれません。

介護福祉士になる方法

介護福祉士になるには大きく分けて3つのルートがあります。

  1. 実務経験ルート
    介護等の業務に3年以上従事した経験を有し、かつ実務者研修を修了し、国家試験に合格した場合
  2. 福祉系高校ルート
    福祉系高等学校の指定された教科目・単位数を修めて卒業し、国家試験に合格した場合
  3. 養成施設ルート
    介護福祉士養成施設を卒業し、国家試験に合格した場合

介護福祉士になる方法

平成27年度の第28回試験までは、養成施設ルートの国家試験は免除となり卒業で介護福祉士になれたのですが、平成28年度の第29回試験から試験免除の制度は全面廃止となり、すべてのルートにおいて、介護福祉士になるには必ず国家試験に合格しなければならなくなりました。

また、同時に平成28年度の第29回試験から、実務経験ルートで介護福祉士を目指す場合、実務者研修を修了していなければ、受験資格を得ることが出来なくなり、事実上、介護福祉士へのハードルは格段に上がったことになります。

介護福祉士試験の内容

介護福祉士試験は筆記試験と実技試験の2つの試験があり、その両方に合格しなければ介護福祉士にはなれません。筆記試験は毎年1月、実技試験は3月に行われ、試験は年に一回だけです。つまり筆記試験か実技試験のどちらかが不合格だと、次のチャンスはまた1年後ということになります。

また筆記試験には合格したけども、実技試験が不合格だった場合でも、次回の試験はまた筆記試験から受験する必要があります。ですので、介護福祉士を目指すのであれば、1回の試験に集中して、絶対に合格するつもりで挑む必要がありそうです。

絶対に合格するための試験対策講座

介護福祉士の資格取得を目指すのであれば、試験対策講座の受講がおすすめです。介護福祉士を保有しているプロの講師から、試験のポイントや出題傾向などを学び、万全の状態で試験に挑むことができます。

学習スケジュール管理や模擬試験の受験なども受けられるので、独学での勉強では不安という方にはピッタリな講座です。

絶対に合格するための試験対策講座

実技試験が免除になる実務者研修

介護福祉士の最大の難関と言われているのが実技試験です。筆記試験には合格したが実技試験がダメだったという人も少なくありません。そんな実技試験を免除する方法こそが実務者研修です。

第29回試験から実務経験ルートの場合、実務者研修の修了が必須条件となりますが、現時点ではその必要はありません。そこで制度改正前に実務者研修を取得するメリットとして、実務者研修の修了者は実技試験が免除とされました。

実務者研修の修了が必須条件となった後の実技試験の免除についてはまだ明確ではありませんが、確実に一回で介護福祉士試験に合格したいのであれば、実務者研修の取得も検討する余地がありそうです。

介護福祉士試験対策講座で合格を目指す!

介護福祉士試験は筆記試験と実技試験の二つの試験に合格しなければなりません。筆記試験では介護士業務に関する常識問題から、最新の介護保険法改正で追加された業態に関する問題まで出題されます。移り変わりが激しい介護業界ですので、過去問題だけを解いていれば合格できるといった甘いものではありません。

また実技試験では、毎回のように受験者の意表を突くシチュエーションで高齢者を対象にした実技試験が出題されますので、例え緊張せずともかなりの難易度となっています。

そこで是非とも受講しておきたいのが介護福祉士試験の対策講座です。介護福祉士講座を開講している学校は全国で数千ヵ所以上あり、平日コースから夜間コースなど種類もさまざまです。費用に関しては、2ヶ月前から学習開始をする直前集中型が数千円から、4ヶ月前から学習開始する標準学習型が数万円~、8ヶ月前から学習開始する長期学習型が10万円前後などあります。資格取得を目指す方の中には、働きながら学校に通う人も多く無理なく試験対策が受けられます。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する