実務者研修とは?

実務者研修は、平成25年に介護職員基礎研修とホームヘルパー1級が一本化されて出来た資格です。具体的には資格ではなく研修といった形になり、研修を修了すると修了証を受け取ることが出来ます。

実務者研修は介護職員初任者研修の上位資格としての位置づけになりますが、取得するにあたり介護職員初任者研修を持っていなければいけないというわけではありません。つまり、全くの介護未経験の方でも取得出来る資格となっています。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

実務者研修でサービス提供責任者に抜擢

サービス提供責任者とは、ケアマネジャーや医療機関といった関連職種との連絡や調整を行い、円滑な介護サービスを提供する際に欠かせない重要なポジションの介護職員のことです。

その他にも利用者やご家族への連絡、訪問介護事業所であれば担当ヘルパーの指導や連絡など、マネジメント業務も行います。

サービス提供責任者には、介護職員初任者研修を保有している介護士でも目指せるのですが、そこには介護報酬という大きな壁があります。

介護事業所や介護施設のほとんどは、国からの補助金にあたる介護報酬によって運営されています。しかし、介護職員初任者研修を持つ介護士がサービス提供責任者を務めた場合、介護報酬10%の減算対象となってしまいます。

実務者研修でサービス提供責任者に抜擢一方、実務者研修を持つ介護士であれば介護報酬の減算の対象には該当しません。

介護報酬は出来るだけ多く貰いたいという経営者の考えであれば、実務者研修を持っている介護士をサービス提供責任者にしたいといった流れが必然となりますよね。そういった意味でも、実務者研修を持っている介護士の方がサービス提供責任者として採用されやすいと言えます。

たん吸引や経管栄養が行える

実務者研修を修了し介護施設や医療機関で実地研修を受けることで、介護士でもたん吸引や経管栄養といった医療行為が行うことができるようになります。

介護が必要なお年寄りの多くは嚥下機能の低下により、痰(たん)を上手く飲み込むことができません。そのため、喉の奥に痰が絡むことが頻繁におこります。痰が絡まったままだと呼吸がしづらいだけでなく、肺炎の危険性も高くなります。そのため、介護現場ではたん吸引も重要な仕事となっています。

経管栄養とは、嚥下機能の低下により口から食事が摂れなくなった高齢者のための栄養補給法です。介護における主な経管栄養には、胃ろうと経鼻栄養があります。

胃ろうとはカテーテルと呼ばれるチューブを胃に装着し、胃に直接栄養を入れていく方法です。経鼻栄養とは、鼻から胃までをチューブでつなぎ、栄養を注入する方法です。

これらのたん吸引や経管栄養は医療行為にあたるため、医師や看護師といった医療関係者以外が対応することは原則禁止されています。

ですが、専門的な研修や一定の条件を満たす介護士であれば、たん吸引や経管栄養といった医療行為も行えるようになります。

通常、介護士がたん吸引や経管栄養などの医療行為を行えるようになるには、喀痰吸引等研修といった専門資格を修了する必要がありますが、実務者研修のカリキュラムには喀痰吸引等研修で受講する基本研修も含まれているため、その後の実地研修を受けるだけで、たん吸引や経管栄養が行えるようになります。

国家資格の介護福祉士を取得する為に必要となった実務者研修

国家資格の介護福祉士を取得する為に必要となった実務者研修ご存じの方も多いかと思いますが、2016年から国家資格の介護福祉士試験の受験資格が変更となりました。特に大きな変更となったのが実務経験3年以上の受験ルートです。

平成27年度(平成28年1月実施)の介護福祉士試験までは実務者研修を修了している方は緩和措置として実技試験が免除となっていました。しかし、平成28年度(平成29年1月実施)の介護福祉士試験からは、新たに実務者研修の修了が受験資格の条件に加わりました。つまり、介護福祉士を取得する為には必ず実務者研修を修了していなければいけないということです。

なお、実務者研修には介護福祉士の実技試験と同等の修了検定が含まれているため、実技試験が無くなったというよりは、事前に合格しなければならないといった認識が正しいのかもしれません。問題となっている介護職員の質向上と、様々な受験ルートがある介護福祉士試験運営の負担軽減が期待される新しい仕組みとなっています。

実務者研修の取得は自分に最適な学校やコースを選ぶことがポイント

実務者研修の講習を受けるには学校に通う必要がありますが、学校は全国で数千ヵ所以上あり、平日コースから夜間コースなど種類もさまざまです。また保有資格によって割引や科目免除もあるためスクールの比較は必須。資格取得を目指す人の中には働きながら学校に通う事になるとい方もいるかと思いますので、無理なく受講できるよう自分のライフスタイルに合った学校やコース選びをおすすめします。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する