介護事務とは?

女性が活躍する仕事の一つとして医療事務が人気ですが、最近では同じ専門事務職でもある介護事務の人気も高まっています。介護事務が人気の理由は、通信学習だけで手軽に資格が取得できることと、急激な高齢化社会へ突入した日本で今後ますます介護業種の求人が増えると期待されていることです。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

介護事務は未経験者のための資格

介護事務は専門職という位置づけですが、実際に働くにあたって特別な資格は必要ありません。つまり無資格でも介護事務員として働くことが可能ということです。

介護事務は未経験者のための資格しかし、介護事務人気の背景から、今後ますます求人の競争率が高くなることが予想されるため、何かしらのアピール材料がなければ採用されにくいというのも事実です。

これは医療事務においても同じことが言えて、医療事務として働く際も特別な資格は不要ですが、資格も持っていない状態で採用してもらうには、病院での勤務経験や医療制度に詳しくなければいけません。

介護業界も同様に、介護士としての実務経験や介護報酬制度に詳しいといった人材でなければ、無資格者は書類選考すら通過できません。つまり、未経験者が介護事務を目指すなら、資格の取得が唯一の可能性ということが言えます。

介護事務は即戦力になるための資格でもある

介護事務を取得する意味は求人で採用されるためだけではありません。採用された後の仕事内容にも深く関わってきます。

介護事務は即戦力になるための資格でもあるそもそも資格とは、ある一定の能力を身に付けたという証明です。つまり、資格を取得できた時点でその人は専門的な知識やスキルを習得しており、即戦力として職場でも活躍できるということです。

ところで、なぜ医療事務や介護事務は事務職なのに資格まで設けられると思いますか?その答えは単純で、一般的な事務作業に加え、その業界の専門スキルが求められる職業だからです。

つまり介護事務の資格を取得するということは、同時に介護事務として求められる専門的な能力をも習得できるということになります。

介護事務を取得したあなたは、きっと即戦力として現場で活躍できるようになっていることでしょう。

介護事務は通信学習で効率的にスキル習得

介護事務として働くにあたって資格は不要だけど、それなりのスキルは求められる。だったらテキストや参考書を使って独学で勉強してもいいのでは?そんな風にお考えの方もいるかと思います。

確かに、数万円する通信学習に申し込むよりも、書店などに数千円で売られている介護事務の参考書を購入した方が安上がりでしょう。ですが、その方法はあくまで金額面だけのメリットでしかありません。通信学習には金額以上に、下記のような多くのメリットがあります。

学習計画でスケジュール管理

学習計画でスケジュール管理怠けグセがある方にとって独学は難関です。そんな方にこそ通信学習はオススメ。学校に通うのと同じように、あらかじめ学習期間が決まっており、この日の介護事務試験に向けてしっかりとしたスケジュール管理がされています。

講師によるオンラインサポート

講師によるオンラインサポート通信でも、電話・メール・FAXなどを使ったオンラインサポートが受けられます。また課題の添削なども対応してくれます。独学ではすべて自分で解決しなければいけませんが、誰かに聞けるという環境は通信学習ならではです。

現場で使われている介護ソフトを使用

現場で使われている介護ソフトを使用現在、全国で行われている介護報酬の請求書は、専用のパソコンソフトを使って作成し、データ伝送をして請求されています。通信学習では、介護ソフトの操作方法などもしっかり学べます。

就職サポート

就職サポート通信でも資格取得後の就職をサポートしてくれる学校もあります。介護事務求人を選ぶコツや面接対策など、職場も慎重に選びたいという方も安心なサポート制度です。

在宅受験の仲介も

在宅受験の仲介も独学の場合は、決められた受験会場でしか試験が受けられませんが、ソラストやユーキャンでは自宅で試験が受けられる在宅受験も可能です。学校と資格運営という関係性だからこそ実現した制度です。地方にお住いの方や、忙し方にとっては嬉しいですね。

同じ目標を持つ仲間ができる

同じ目標を持つ仲間ができる通学の場合だと、介護事務を目指す人がたくさん集まります。将来的にはライバルとなりますが、資格取得までは同じ目標を持つ仲間でもあります。仲良くなった人同士で情報交換を行ったり、教室外で勉強するなど、モチベーション維持にもつながります。

介護事務は学校やコースによって取得出来る資格が異なる!

介護事務は、パソコンソフトの操作学習に特化したコース、レセプト作成や介護報酬について詳しく学べるコースなど、取得を目指す資格とは別にスキルアップにつながる講座など、通信・通学共に多くの学校や企業が様々な講座を開講しています。ですので、受講で取得できる資格は講座によって異なるケースもあり注意しなければなりません。

さらには、費用や受講期間も学校やコースによって様々ですので、まずはいくらで介護事務講座が受講できるかや、どういったカリキュラムで学習が進められるかなどを知るため、各学校の資料を請求してみましょう。

独学で介護事務の資格取得を目指そうとしている方も、試しに資料を請求してみてはいかがでしょうか?通信講座を利用するメリットとデメリットがはっきりと理解できるはずですよ。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する