介護事務資格の通信講座費用

介護事務講座は比較的費用も安く、事務として働きだした後の学習として受講する方も増えています。資格取得までの期間も最短3日と、忙しい方でも気軽に受講できる講座です。

学校によっては資格の受験もカリキュラムに含まれているコースがありますが、講座のみのコースもあります。いくつかある介護事務の資格の中で、どの資格の取得を目標としているコースなのか資料を請求して確認しましょう。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

学校・コース別比較表

各学校の公式サイトとパンフレットを参考に、受講料金を比較してみました。金額はキャンペーンなどによって変動するので、正確な受講料金は資料請求でご確認ください。

学校名 コースタイプ 受講費用 受講期間
ニチイ 通学 69,950円 2ヶ月
通信 39,600円 4ヶ月
未来ケアカレッジ 通学 37,800円 1ヶ月
三幸福祉カレッジ 通学 48,600円 15日間
ソラスト 通信 39,420円 4ヶ月
キャリアカレッジジャパン 通信 38,880円 3ヶ月
ヒューマンアカデミーたのまな 通信 35,000円 4ヶ月
ユーキャン 通信 39,000円 4ヶ月

通信と通学はどこが違うの?

同じ介護事務講座でも、自宅にいながら資格の取得を目指す通信学習と、学校に通って講師から授業を受ける通学があります。こうして見てみると、費用や期間も似たようなものなので、正直どっちがいいか迷っている方も少なくないでしょう。ですが目的によって選ぶべき講座は違いますので、しっかり確認してから申し込みましょう。

資格取得だけなら通信で十分

介護事務の資格取得だけを目指すのであれば、通信でも問題ありません。通信学習では介護事務の取得に必要最低限の教材しか送られてこないため、通学よりも若干安くなっています。

資格取得だけなら通信で十分「とにかく介護事務を取得できればいい」という方は通信学習の方がお得ですし、自宅で学習できるので効率もいいでしょう。

即戦力としてのスキルアップなら通学

資格の取得はもちろん、介護報酬の請求書作成に使用するパソコンソフトの学習もしたいという方は通学がいいでしょう。

通信だけでは現場で使われている介護請求ソフトの学習は難しく、別途ソフトを購入するなんてこともできませんよね。

即戦力としてのスキルアップなら通学安い費用で介護事務としてのスキルも身に付けたいという場合は、学校のソフトが使える通学コースを選ぶといいでしょう。

介護事務は学校やコースによって取得出来る資格が異なる!

介護事務は、パソコンソフトの操作学習に特化したコース、レセプト作成や介護報酬について詳しく学べるコースなど、取得を目指す資格とは別にスキルアップにつながる講座など、通信・通学共に多くの学校や企業が様々な講座を開講しています。ですので、受講で取得できる資格は講座によって異なるケースもあり注意しなければなりません。

さらには、費用や受講期間も学校やコースによって様々ですので、まずはいくらで介護事務講座が受講できるかや、どういったカリキュラムで学習が進められるかなどを知るため、各学校の資料を請求してみましょう。

独学で介護事務の資格取得を目指そうとしている方も、試しに資料を請求してみてはいかがでしょうか?通信講座を利用するメリットとデメリットがはっきりと理解できるはずですよ。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する