介護職員初任者研修とは?

介護職はどこか「未経験・無資格でも人手不足だから働ける」というイメージが強いのですが、そういった考えで介護士になったとしても、介護について何も知らない状態では早々にリタイアするだけです。全くの実務未経験から介護士を目指すという方は、まず介護職員初任者研修を取得し、介護士の仕事や介護について学びましょう。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

介護士に求められる事

介護士の仕事は想像している以上に大変で、正しい知識と方法を知らいないと肉体的にも精神的にもハードです。そんな、現場で働く介護士に求められる事は、基礎的な介護に関する知識と実際に身体を使って行う介護技術です。この2つを効率良く学ぶ方法こそが資格の取得になります。

介護士に求められる事なかでも介護職員初任者研修は、これから介護士として働きたい人向けの資格となっています。負担が少ない身体介護のやり方、高齢者の心理状態、これからの介護のあり方など、介護に関する必要な知識とスキルが習得できます。

ホームヘルパー2級と同等以上の資格

平成25年4月1日に介護保険法が改正され、ホームヘルパー2級が廃止となり、その代わりに新たに新設された資格が介護職員初任者研修です。ホームヘルパー2級は主に訪問介護で働く介護士の資格でしたが、介護職員初任者研修は訪問介護と介護施設の両方で有用される資格となっています。

つまり、制度上ではホームヘルパー2級と同等の資格となっていますが、カリキュラム自体は訪問介護と施設介護の両方に対応しているので、資格取得後の就職先はかなり幅広くなります。

介護職員初任者研修は、老人ホームで働きたい方やホームヘルパーとして働きたい方に限らず、介護に関わる仕事を目指すなら絶対に取得すべき資格なのです。

介護職員初任者研修を持っていると給料がアップする

これから介護士を目指す人が、介護職員初任者研修を取得すべき最大の理由は給料です。介護士の平均初任給は月給15万~17万円と、他の業種と比べても低い水準となっています。

介護士の平均月収と平均年収ですが、介護職員初任者研修を持っている介護士は、資格手当として月1万円~2万円ほど基本給が上がる場合もあります。また、派遣社員の介護士として働く場合も、保有資格によっては時給も200円~600円ほど高くなります。

無資格だと介護士の給料が低いままですが、介護職員初任者研修を取得することで給料がアップにつながります。資格の取得費用は決して安いとは言えませんが、介護業界で長く働くのであれば、先行投資のつもりで介護職員初任者研修を早めに取得した方が、結果的に得をするということになります。

介護職員初任者研修の取得は自分に最適な学校やコースを選ぶことがポイント

介護職員初任者研修の講習を受けるには学校に通う必要がありますが、学校は全国で数千ヵ所以上あり、平日コースから夜間コースなど種類もさまざまです。資格取得を目指す人の中には働きながら学校に通う事になるとい方もいるかと思いますので、無理なく受講できるよう自分のライフスタイルに合った学校やコース選びをおすすめします。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する