介護職員初任者研修の取得期間とカリキュラム

一般的に介護職員初任者研修を取得するまでの期間は約4ヶ月程度となっています。ですが、教室やコースによって取得までの期間は様々です。働きながら取得を目指す場合、家事や子育て合間で取得を目指す場合、短期集中で取得したい場合など、自分のライフスタイルや希望に合った学校・コース選びを心がけましょう。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する

介護職員初任者研修のカリキュラム

科目 通学時間 通信時間 合計時間
職務の理解 6時間 - 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 1.5時間 7.5時間 9時間
介護の基本 3時間 3時間 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携 1.5時間 7.5時間 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 3時間 3時間 6時間
老化の理解 3時間 3時間 6時間
認知症の理解 3時間 3時間 6時間
障がいの理解 1.5時間 1.5時間 3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅰ 基本知識の学習 - 12時間 12時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅱ 生活支援技術の学習 53時間 - 53時間
こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅲ 生活支援技術演習 10時間 - 10時間
振り返り 4時間 - 4時間
合計 89.5時間 40.5時間 130時間

介護職員初任者研修を取得するには、89.5時間の通学と40.5時間の通信講座を受講します。つまり合計130時間の講習を受ける必要があります。また、すべてのカリキュラム修了後に1時間程度の筆記試験を受けます。

介護職員初任者研修の通学カリキュラムについて

  時間 時間数 区分 項目・科目
1日目 10:00~11:00
11:10~12:10
13:00~14:00
3 講義・演習 1 職務の理解
・多様なサービスの理解
14:10~15:40
15:50~17:20
3 講義・演習 1 職務の理解
・介護職の仕事内容や働く現場の理解
2日目 9:00~10:30 1.5 講義・演習 2 介護における尊厳の保持・自立支援
・人権と尊厳を支える介護
・自立に向けた介護
10:40~12:10
13:00~14:30
3 講義・演習 3 介護の基本
・介護職の役割、専門性と多職種との連携
・介護職の職業倫理
・介護における安全の確保とリスクマネジメント
・介護職の安全
14:40~16:10 1.5 講義・演習 4 介護・福祉サービスの理解と医療との連携
・介護保険制度
・医療との連携とリハビリテーション
・障がい者自立支援制度およびその他制度
3日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 5 介護におけるコミュニケーション技術
・介護におけるコミュニケーション
・介護におけるチームのコミュニケーション
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 6 老化の理解
・老化に伴うこころとからだの変化と日常
・高齢者と健康
4日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 7 認知症の理解
・認知症を取り巻く状況
・医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理
・認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
・家族への支援
13:00~14:30 1.5 講義・演習 8 障がいの理解
・障がいの基礎的理解
・障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的知識
・家族の心理、かかわり支援の理解
14:40~15:40
15:50~16:50
2 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・生活と家事
5日目 9:00~10:30
10:40~12:10
13:00~14:00
4 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・生活と家事
14:10~15:10
15:20~16:20
2 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・快適な居住環境整備と介護
6日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・快適な居住環境整備と介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
7日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
8日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
9日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
10日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の学習
・食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
11日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の学習
・入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
12日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13:00~14:30
14:40~16:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・睡眠に関したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
13日目 9:00~10:30 1.5 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・睡眠に関したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
10:40~12:10 1.5 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅱ 生活支援技術の講義・演習
・死にゆく人に関したこころとからだのしくみと終末期介護
13:00~14:00
14:10~15:10
2 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅲ 生活支援技術演習
・介護過程の基礎的理解 
15:20~16:50 1.5 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅲ 生活支援技術演習
・総合生活支援技術演習
14日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅲ 生活支援技術演習
・総合生活支援技術演習 
13:00~14:30
14:40~16:40
3.5 講義・演習 9 こころとからだのしくみと生活支援技術
Ⅲ 生活支援技術演習
・総合生活支援技術演習
15日目 9:00~10:30
10:40~12:10
3 講義 10 振り返り
・振り返り
13:00~14:00 1 講義 10 振り返り
・就業への備えと研修修了後における継続的な研修
14:15~15:15 1   修了テスト
16:15~17:00     テスト結果発表
修了日 10:00~12:00     修了式

通学カリキュラムは全部で15日間程度の日程となっています。教室の日程と自分が参加できる日程を確認して、通学スケジュールを立てます。

教室の日程に通りに受講できれば最短の15日ほどで通学カリキュラムが修了できますが、予定があり参加できない講義があったり、参加したい教室の定員が満員だった場合は、次の別日の教室で調整しなければいけません。つまり15日以上かかってしまうことになります。

ニチイなどの規模が大きい教室であれば、平日クラス、土曜クラス、日曜クラス、夜間クラス、短期クラスなど、参加できる講義の種類や開講頻度も多く、自分のスケジュール通りにカリキュラムが進めれらるかと思います。

介護職員初任者研修の通信カリキュラムについて

介護職員初任者研修の通信カリキュラムについて通信の自宅学習は通学と平行で行うため、目安として4ヶ月ほどかかります。集中的に課題をこなせばもっと早く通信カリキュラムを修了することはできますが、通学の教室日程に合わせて進める場合が一般的となっています。

その理由としては、講義で学んだ箇所を自宅で復習する流れの方が効率が良いということと、自宅学習での不明点を次の通学で講師に質問できるからです。

介護職員初任者研修の修了試験について

通学と通信の両方のカリキュラムを修了すると筆記試験を受ける必要があります。修了試験時間は1時間程度で、カリキュラムで学んだ範囲から正誤選択形式・語句選択形式などで全50問出題されます。

介護職員初任者研修の修了試験について修了試験には合格ラインがあり、正解率70%以上で合格としている教室がほとんどです。不合格になる人はほとんどいないそうですが、万が一不合格となった場合は再試験を受けることができます。再試験は有料で5000円程度となっています。

修了試験に合格すると修了証明書が発行され、無事に介護職員初任者研修が取得できます。

カリキュラム修了後について

通学通信のカリキュラムを終えて介護職員初任者研修を修了後、希望者は現場実習を受けることができます。

現場実習は強制ではありませんが、働く前にどのような職場で仕事をするのかを確認するつもりで参加するといいかもしれません。

ちなみにニチイの場合は、下記の3つの業態から実習先を選ぶことができます。

  • 同行訪問:訪問介護サービスに同行
  • 在宅サービス:デイサービスなど在宅サービス事業所
  • 施設サービス:有料老人ホームや特養などの介護施設

介護職員初任者研修の取得は自分に最適な学校やコースを選ぶことがポイント

介護職員初任者研修の講習を受けるには学校に通う必要がありますが、学校は全国で数千ヵ所以上あり、平日コースから夜間コースなど種類もさまざまです。資格取得を目指す人の中には働きながら学校に通う事になるとい方もいるかと思いますので、無理なく受講できるよう自分のライフスタイルに合った学校やコース選びをおすすめします。

  • ニチイ
  • ソラスト
  • 三幸福祉カレッジ
  • 未来ケアカレッジ
シカトルで資格の資料を無料請求する