初めの一歩「介護職員初任者研修」

介護職員初任者研修は、介護の仕事を始めるにあたって最初に取得する入門資格です。数ある介護資格の中でも比較的取得しやすい資格です。

初めの一歩「介護職員初任者研修」

最初はこの資格から

介護の仕事は大きく2つに分類できます。1つは掃除や洗濯など利用者の身の回りのお世話をする「生活援助」です。そしてもう1つが、利用者の身体に直接触れて食事や入浴などの日常生活を支援する「身体介護」です。訪問介護と施設介護、どちらの現場でも必ず発生する業務です。
身体介護を実施するためには専門知識が必要なため、資格が不可欠です。介護の資格は種類が多く、比較的短期間で取得できるものもあれば、難易度の高い資格もあります。その中でも、最も取得しやすい資格が介護職員初任者研修です。この資格はおよそ3ヵ月で取得できます。旧ホームヘルパー2級に相当する資格ですが、介護職員初任者研修では施設での実習を必要としていません。その代わりに、研修修了後に試験が行われます。旧ヘルパー2級には試験がありませんでしたが、介護職員初任者研修は全過程を終えた後に試験があります。内容的には難しいものではなく、あくまでこれまでの過程を振り返る試験です。基本的な介護の技術や理念について学べます。

資格保有者になれる

介護職員初任者研修を終了し、試験に合格することで資格保有者として働くことができます。無資格だと業務範囲に限りがあり仕事をする上で不安な部分もありますが、資格を取得することで自信を持って業務に取り組めるようになります。仕事の幅が広がることで、給与が上がる可能性もあります。
介護の資格によっては、指定の機関で学ばなければ受験資格を得られないものもありますが、この資格は学歴も年齢も関係なく受験できます。異業種からの転職を考えている場合は、まずこの資格の取得を目指すようにしましょう。通信講座や夜間講座など、希望者のペースに合わせた講座がありますので、仕事をしている人や主婦でも取得可能です。

キャリアアップしていく

有資格者になることで正社員になれる可能性が上がります。また、今後のキャリアアップにも有利に働くでしょう。介護職員初任者研修を取得した後は、その上位資格である実務者研修や国家資格である介護福祉士の取得を目指していくことになります。また、介護福祉士取得後にさらに上位の資格を取得することで、管理者などの役職に就くことができます。キャリアルートが分かりやすく提示されていますので、目標を持って日々の業務に取り組めるようになります。

まずは相談してみよう

資格を活かして働こう

資格を活かして働こう

転職・復職の不安は「きらケア」で解決

介護業界に特化した転職エージェント「きらケア」を紹介します。きらケアに在籍するキャリアアドバイザーは豊富な知識を有しているため、専門性の高い転職サポートが期待できます。好条件の非公開求人も扱っているため、資格を活かして働きたい人におすすめです。

介護の資格とは

介護の代表的な資格や、介護業界のこれからについて紹介するサイトです。介護士に興味のある人、または現場から離れている潜在介護士に役立つ情報が満載です。当サイトへのお問い合わせは<<こちら>>からお願いいたします。