「介護の資格」活かしてください

「介護の資格」活かしてくださいのおすすめ記事一覧

働きながら資格取得が目指せる

有資格者のほうが就職・転職に有利ですが、無資格からでも働くことは可能です。ニーズの高い業界のため、無資格OKとしている事業所が多いためです。無資格の場合は、介護士のサポートが主な業務です。介護の現場で働きながら、自分が本当に介護士に向いているかどうかを判断できます。そのため、資格を取得する前にまずは働いてみるというのもおすすめです。別の業種から転職する人も多く、働きながら資格を取得することもできます。

本当は働きたい…潜在介護士

有資格者であるものの、介護の仕事から離れている「潜在介護士」が多くいます。すでに介護技術を身につけている潜在介護士は、人手不足に悩む介護業界において即戦力として期待されています。潜在介護士の多くは主婦です。結婚や出産などでライフステージが変化したことにより、離職した人たちです。多くの潜在介護士は復職に前向きではあるものの、なかなか復帰に踏み出せない事情があるようです。今後は、復職しやすい環境作りが求められます。

介護士の花形「介護福祉士」

介護職員初任者研修、その上位資格である実務者研修を取得した後は「介護福祉士」を目指しましょう。介護資格で唯一の国家資格である介護福祉士は、まさに介護士の花形です。この資格を保有しているかどうかで、今後のキャリアが大きく変わります。事業所は、介護福祉士を取得している人材を強く求めています。資格を取得すれば仕事に困ることはないでしょう。取得までの道のりはいくつかありますが、働きながら取得する場合は「実務経験ルート」を歩むことになります。

初めの一歩「介護職員初任者研修」

無資格の人はまずここで紹介する「介護職員初任者研修」の取得を目指しましょう。介護の入門資格であり、基本的な介護技術を学べます。介護職員初任者研修を取得することで、利用者への身体介護が可能となります。学歴や年齢に関係なく受験できるため、別業種から転職をする人でも問題ありません。通信講座や夜間講座もありますので、働きながら資格を取得することができます。まずは有資格者になることを目標に、勉強を重ねていきましょう。

まずは相談してみよう

資格を活かして働こう

資格を活かして働こう

転職・復職の不安は「きらケア」で解決

介護業界に特化した転職エージェント「きらケア」を紹介します。きらケアに在籍するキャリアアドバイザーは豊富な知識を有しているため、専門性の高い転職サポートが期待できます。好条件の非公開求人も扱っているため、資格を活かして働きたい人におすすめです。

介護の資格とは

介護の代表的な資格や、介護業界のこれからについて紹介するサイトです。介護士に興味のある人、または現場から離れている潜在介護士に役立つ情報が満載です。当サイトへのお問い合わせは<<こちら>>からお願いいたします。