代表的な介護の資格

介護の代表的な資格を紹介していきます。無資格の人は「介護職員初任者研修」の取得を目指しましょう。介護に関する基本的な知識や技術を学べます。介護職員初任者研修を取得した後は、「実務者研修」を取得します。この研修ではより実践的な介護技術や一部の医療行為について学べます。実務者研修を取得した後は、国家資格である「介護福祉士」の取得を目指しましょう。介護福祉士を取得すれば、今後仕事に困ることはありません。

まずは相談してみよう

資格を活かして働こう

資格を活かして働こう

転職・復職の不安は「きらケア」で解決

介護業界に特化した転職エージェント「きらケア」を紹介します。きらケアに在籍するキャリアアドバイザーは豊富な知識を有しているため、専門性の高い転職サポートが期待できます。好条件の非公開求人も扱っているため、資格を活かして働きたい人におすすめです。

介護の資格とは

介護の代表的な資格や、介護業界のこれからについて紹介するサイトです。介護士に興味のある人、または現場から離れている潜在介護士に役立つ情報が満載です。当サイトへのお問い合わせは<<こちら>>からお願いいたします。