働きながら資格取得が目指せる

資格があれば業務の幅が広がりますが、無資格でも介護職に就くことはできます。無資格から介護の仕事を始めて、働きながら資格取得を目指す方法もあります。

働きながら資格取得が目指せる

無資格でも問題ない

介護士は非常にニーズの高い仕事です。高齢化はますます進んでいくため、就職・転職先はこれからも増え続けていくでしょう。しかし、介護は専門的な知識が必要な上、利用者の日常生活に関わることになるため、資格や経験がなければ働けないと思っている人が多いようです。しかし実際には、有資格者ではなくとも介護の仕事はできます。人手不足の状況が続いているため、無資格・未経験でもOKとしている施設は多いです。無資格だからといって、介護の仕事を諦める必要はありません。

業務範囲が異なる

無資格の場合、業務範囲に制限があります。有資格者は食事や入浴などの身体介護を実施できますが、無資格の場合はできません。清掃、洗濯、歩行補助など、有資格者の介護士をサポートする役割を担うことになります。難しい業務を任されることはありませんので、実際に介護の現場を経験してから本格的に挑戦するかどうか判断できます。介護の仕事が自分に合うという確信を持ってからステップアップしていけばよいのです。なお、訪問介護では資格が必須となります。訪問介護を目指す場合は介護職員初任者研修、実務者研修などの資格を取得しましょう。介護施設で働き、資格を取得した後に訪問介護に転職するという方法もあります。
資格を取得して自身の介護技術を証明できれば採用の幅も広がります。また、資格手当などの待遇アップも見込めます。

まずは働いてみる

まずは現場に足を踏み入れてみましょう。介護施設で介護業務を行うのは、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士などの有資格者たちです。本格的に介護士として活躍していきたいと考えるのなら必ず取得しておきたい資格です。これらの資格を取得した人たちも、初めは皆未経験から始めています。介護業界は介護とは無関係の業種から転職した人も多くいます。重要なのは、介護職に携わり続けることです。現場で実務経験を積めば受験資格が手に入ります。働きながら実践的な内容を学び、怠ることなく勉強に取り組んでいけば、資格取得も夢ではありません。
そしてさらに研鑽を積めば、いずれは国家資格の取得に挑戦できます。国家資格を取得すればその後は仕事に困ることはないでしょう。これは、他の業界にはない魅力です。まずは介護の現場に飛び込んでみることをおすすめします。

まずは相談してみよう

資格を活かして働こう

資格を活かして働こう

転職・復職の不安は「きらケア」で解決

介護業界に特化した転職エージェント「きらケア」を紹介します。きらケアに在籍するキャリアアドバイザーは豊富な知識を有しているため、専門性の高い転職サポートが期待できます。好条件の非公開求人も扱っているため、資格を活かして働きたい人におすすめです。

介護の資格とは

介護の代表的な資格や、介護業界のこれからについて紹介するサイトです。介護士に興味のある人、または現場から離れている潜在介護士に役立つ情報が満載です。当サイトへのお問い合わせは<<こちら>>からお願いいたします。