ニーズは高まり続ける

今後、介護士のニーズはより高まっていくことが予想されます。資格を取得することで就職・転職を有利に進めることができるでしょう。

ニーズは高まり続ける

社会情勢が不安定な今こそ

日本は世界でも有数の超高齢化社会です。40年後には人口の4割が高齢者になるというデータもあります。これに加え、少子化も進んでいます。介護を必要とする人の増加に対して、介護をする側の人は減少している状態です。そのため、必然的に介護士のニーズは高まっていくと予想されます。
社会保障審議会のデータによると、2025年には75歳以上の後期高齢者の数は総人口の25%を占めるとされています。一方で総人口自体は減少傾向にあり、内閣府のデータによれば2048年には1億人を割り込むとされています。現在でも、7割近くの介護施設で人手が不足している状況にあるため、人材確保が急務となっています。

人材確保が急務

日本は世界でも有数の超高齢化社会です。40年後には人口の4割が高齢者になるというデータもあります。これに加え、少子化も進んでいます。介護を必要とする人がどんどん増えているのに対して、介護をする側の人は減っている状態です。そのため、必然的に介護士のニーズは高まっていくと予想されます。
社会保障審議会のデータによると、2025年には75歳以上の後期高齢者の数が総人口の25%を占めるとされています。一方で総人口自体は減ってきており、内閣府のデータによれば2048年には1億人をきるとされています。現在でも、7割近くの介護施設で人手が不足している状況にあるため、人材確保が急がれている状況です。

介護士は確実にニーズがある

社会環境は日々変化していますが、介護士のニーズが高まり続けることはほぼ確実です。経済状況に変化があっても、ニーズが高いことには変わりありません。介護士は待遇が悪いというイメージがありますが、実際には処遇改善が進んでいます。ニーズが高まり続けることで、待遇はさらによくなっていくでしょう。介護士はまさに、将来性のある仕事です。社会情勢が不安定な今だからこそ、確実にニーズがある介護士を目指してみてはいかがでしょうか。
介護士になるために資格は必須ではありませんが、資格があったほうが就職・転職に有利です。逆にいえば、資格を取得すれば仕事に困ることはないでしょう。求人情報を覗いてみると、介護系の求人が非常に多く掲載されています。介護の経験がなくても、介護職員初任者研修などの資格は取得可能です。また、介護士として働いて実務経験を積みながら上位資格の取得に挑めるため、キャリアアップをしやすい環境があります。

まずは相談してみよう

資格を活かして働こう

資格を活かして働こう

転職・復職の不安は「きらケア」で解決

介護業界に特化した転職エージェント「きらケア」を紹介します。きらケアに在籍するキャリアアドバイザーは豊富な知識を有しているため、専門性の高い転職サポートが期待できます。好条件の非公開求人も扱っているため、資格を活かして働きたい人におすすめです。

介護の資格とは

介護の代表的な資格や、介護業界のこれからについて紹介するサイトです。介護士に興味のある人、または現場から離れている潜在介護士に役立つ情報が満載です。当サイトへのお問い合わせは<<こちら>>からお願いいたします。